手軽にパワーチャージクッキング vol.6

  • 次号
  • バックナンバー
  • 前号

PROFILE

渡部 優花さん
(わたべ ゆか)

柔道57kg級。2017年講道館杯全日本体重別選手権大会準優勝。2018年ヨーロッパオープン・オディベーラス第3位。「手軽に揃う食材で簡単に作れるレシピがいいですね」

今回の食材

タコ

あっさりしていても栄養豊富なタコは夏バテ対策にもぴったり!

  • 高たんぱく低脂肪のヘルシー食材
  • 細胞を新しくするはたらきのある亜鉛を多く含む

買い物のポイント

ゆでタコは表面に張りがあり触るとしっかりと弾力のあるもの、足の先まで綺麗に巻いているものを選びましょう。国産ものはゆであがりが濃い小豆色になります。

主食・主菜・副菜と幅広いアレンジが効くタコ。生では扱いが面倒ですが、ゆでタコは手軽に買える食材なので、もっとメニューに取り入れてほしいですね。タコに豊富に含まれるタウリンはアミノ酸の一種で、血液中のコレステロールや中性脂肪を下げるほか、血圧の調整、肝臓の機能アップなどに役立ちます。
ゆでタコは日持ちがしないので、購入したらなるべく早く食べましょう。どうしても使い切れない場合は冷凍保存も可能です。

料理監修
磯村優貴恵先生

管理栄養士。痩身専門の食事指導や特定保健指導の後、日本料理店での料理修業を経て、現在は家族みんなでおいしく食べて健康になれるレシピ・商品開発、執筆などを行う。

タコのみぞれきゅうり和え

材料[2人分]

  • ゆでタコ(100g)
  • きゅうり(1本)
  • 大葉(2枚)
  • 生姜(千切り:5g)
  • ポン酢醤油(大さじ1)

作り方

ゆでタコはひと口大に切り、大葉は粗みじんに切る。

きゅうりはすりおろし、キッチンペーパーにのせて軽く水気を切る。

食べる直前にボウルで(1)(2)ポン酢醤油を混ぜ合わせ、器に盛り生姜をのせる。

きゅうりには余分な塩分を調整し、むくみ予防に役立つカリウムが含まれています。

タコとピーマンのガーリックバター炒め

材料[2人分]

  • ゆでタコ(160g)
  • ピーマン(4個)
  • エリンギ(2本)
  • にんにく(スライス:1片)
  • オリーブ油(大さじ1/2)
  • (A)バター(10g)
  • (A)醤油(小さじ1)
  • (A)黒胡椒(少々)

作り方

ゆでタコはひと口大に、ピーマンは種を取り、エリンギとともにひと口大の乱切りにする。

フライパンにオリーブ油とにんにくを入れ弱火にかけ、香りがたったら(1)を加え中火で炒める。

エリンギがしんなりしてきたら(A)を加え、バターが溶け全体に絡まったら器に盛る。

にんにくの香りは食欲をそそり、しっかり食べることで夏バテ予防に役立ちます。

手軽にパワーチャージクッキング vol.6

  • 次号
  • バックナンバー
  • 前号