非常食が賞味期限切れに…ローリングストック法で無駄なく食べきろう

2018.08.02
非常食が賞味期限切れに

非常食を買ったものの、賞味期限が切れてしまい、処分した経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?近年、自治体でも賞味期限が切れた非常食の廃棄が問題になっています。 そこで、非常食の管理方法として注目されているのが「ローリングストック法」です。

今回はそのローリングストック法と、実践方法についてご紹介します。

非常食には賞味期限がある

非常食には賞味期限がある

9月1日は防災の日です。この時期になるとスーパーなどで非常食や防災グッズ、また懐中電灯やラジオ、簡易トイレ、レインコート、数日分の水や非常食などが入った非常持出袋を見かける機会が増えます。そして、一度防災グッズを購入すると、どこか安心した気持ちになる方が多いのではないでしょうか。

しかし、他のグッズと異なり、非常食には賞味期限があります。そのため、定期的に賞味期限を確認して入れ替える必要があるのです。

ローリングストック法とは

ローリングストック法とは、回しながら(ローリング)蓄える(ストック)こと、つまり“食べながら非常食を蓄える”という意味です。

非常食はその名前のイメージからいざという時の保存食というイメージが強く、普段の生活の中で非常食を食べるという意識をお持ちでない方は多いことでしょう。なぜなら、長期保存が可能な食品の中には、食べ慣れない物もあるからです。

そのため、もしもの時に非常食を迷わず調理できるように、また普段から食べ慣れておくためにも、食べながら非常食を備蓄するローリングストック法が、国や自治体でも推奨されるようになりました。

ローリングストック法にチャレンジ!

ローリングストック法にチャレンジ

ローリングストック法では、特に決まったやり方はありません。ただし、電気や水道などのライフラインがストップした時のことも考え、ストックする食品を選びましょう。ストックする量の目安は、家族の人数×1週間分です。

非常食としてストックしたい食品

災害時にカセットコンロとガスボンベを利用できる場合、お湯をわかすことができるため、レトルト食品やインスタント食品があると便利です。ただし、毎食カセットコンロを使えるとは限らないため、封を切ってそのまま食べられる栄養補助食品やお菓子なども用意する必要があります。常温保存が可能な食品を選びましょう。

【ドリンク】
ペットボトルの水、イオン水、お茶など
【レトルト商品】
米飯、カレーやシチュー、スープなどの汁もの、お惣菜など
※米飯以外は温めなくても食べることが可能
【インスタント食品】
カップ麵、スープ、みそ汁など
【すぐに食べられる食品】
缶詰、瓶詰、栄養補助食品(バーやスティック状のタイプ)、シリアル食品、ビスケット、スナック、ゼリー飲料

ストックする食品の種類と数量

ローリングストック法は“食べながら備蓄する”ことです。まずは、日常的に食べられる食品を選び、被災時における1日当たりの必要量を計算してみましょう。

例えば、家族3人の場合、被災時に食べる1人当たりの量を以下で計画したとします。

  • レトルトのおかゆ=1パック
  • インスタントカップのみそ汁=1カップ
  • 栄養補助食品=1箱(1箱2袋入り)

上記を3人×1週間分用意すると、これだけの量になります。

  • おかゆ=1日1パック×3人×7日間=21パック
  • みそ汁=1日1カップ×3人×7日間=21カップ
  • 栄養補助食品=1日1箱3人×7日間=21箱

食事の量には個人差があるため、上記では不足することも考えられます。適宜ご家庭で必要な食事量を考えてみましょう。

また、アレルギーをお持ちの方や乳幼児がいらっしゃるご家庭の方は、かかりつけの医師などにストックしておいた方が良い食品についてご相談ください。

食べるタイミング、買い足すタイミング

レトルトのおかゆの賞味期限は1年程度です。
例えば1月におかゆを21パック購入し、全てその年の12月が賞味期限だったとします。毎月3個おかゆを食べて新たに3個購入することを繰り返せば、8月にはストックしていたおかゆが全て新しい賞味期限のものに入れ替わることになります。

ただし、長期保存が可能な食品の場合、購入時の賞味期限にあまり変化がないこともあります。商品に記載された賞味期限を見ながら、買い足すタイミングを調整しましょう。

非常食を日常的に食べながら常備する

ローリングストック法は食べながら非常食をストックする方法です。普段の食生活では賞味期限が近いものから食べる必要があるため、ストックする際は賞味期限が長い物をストック棚の奥に入れるようにしましょう。

また、同じ食品ばかり選ぶと味に飽きてしまうかもしれないため、バリエーションを持たせて用意しておくこともポイントですね。

災害備蓄品は「災害対策用品 | ALSOKの防犯・防災グッズ通販ショップ」でご紹介しています。

TOPへ戻る