鳥獣(イノシシ・鹿)被害対策

鳥獣被害対策 「有害鳥獣対策」

お気軽にお問い合わせください

イノシシや鹿などの有害鳥獣対策なら、
「認定鳥獣捕獲等事業者」のALSOK

農林水産省の調査によると、国内の鳥獣による令和元年度の農作物被害は、年間約158億円。
なかでも、シカ・イノシシによる被害は、被害額全体の約6割におよびます。
ALSOKの有害鳥獣対策は、機器の販売から駆除までをトータルサポートします。

このような課題はありませんか?

わな設置後の駆除や、檻の管理も大変
わなの設置・管理から駆除まで一括依頼

ALSOKなら、有害鳥獣対策に必要な機器の販売から設置・管理、駆除まで、トータルでサポートいたします。

高齢化のため、捕獲できる人員がいない
認定鳥獣捕獲等事業者の認定を取得

ALSOKグループでは、令和3年(2022年1月)現在、9社が認定鳥獣捕獲等事業者の認定を受けています。万全の安全管理体制と捕獲技術で対応します。
※サービスの提供地域が限られます。

ALSOKの「有害鳥獣対策サービス」
の特長

01

鳥獣対策をトータルサポート

ALSOKなら鳥獣被害対策に必要な対策用品(ICT機器やわな(箱わなや囲いわな)、防護フェンス)の販売から設置・管理、駆除までトータル的にサポート可能です。
※対応出来ないエリアもあるので、まずはご相談ください。

02

安心の認定会社

ALSOKグループでは、認定鳥獣捕獲等事業者の認定を受けており、既に、様々な地域で実績があります。
※ALSOKグループの認定鳥獣捕獲等事業者は、下記の一覧からご確認ください。

「有害鳥獣対策サービス」の商品一覧

鳥獣わな監視装置Ⅱ

オリ(箱わな)などに仕掛けた鳥獣わな監視装置から、わなの作動をメールで通報。わなを管理する方の携帯電話にメールが届きます(最大5ヵ所)。メール受信例: 2022/03/10 06:35 test@alsok.com 監視装置作動のお知らせ、装置が作動しました。ご確認ください。

設置例

箱わなの扉が閉まることにより、監視装置からメールを送信します。LPWA通信(少ない消費電力でkm単位の距離で通信できる無線通信技術)を利用するため、携帯電話回線が通じない場所でも設置が可能です。(親機は携帯電話回線圏内に設置が必要です。)

写真: 鳥獣わな監視装置の親機と子機

わな類(箱わな・囲いわな)

箱わな(イノシシ・シカ用)

  • 軽トラックに積載可能
  • 1名で移動・設置可能
  • 容易に設置場所の移動が可能
  • ご要望によりサイズ変更可能

囲いわな(サル用)

  • 大量捕獲に適した形状
  • 天井部分が全面オープンタイプのため サルの侵入が容易
  • 設置場所によって大きさ変更可能

囲いわな(シカ用)

  • コイルで簡単組立て可能
  • 搬入・設置・撤収・稼動が容易
  • コンパクトに分解でき、2名で作業可能
  • 設置場所によって大きさ変更可能

囲いわな(カラス用)

  • 組立式のため、軽トラックに積載可能
  • 搬入・設置・撤収・移動が容易
  • メンテナンスが簡単

箱わな(小動物用)

●対象動物

アライグマ、アナグマ、タヌキ、ハクビシン、テン、イタチなどの小動物

防護柵

  • 誰でも簡単に設置
  • サビに強く丈夫で長持ち
  • 養豚場、ゴルフ場への有害獣の侵入防止
  • 安全に配慮された構造

「有害鳥獣対策サービス」
捕獲業務のフロー

①わなおよび監視装置設置 ②見回り・エサやり ③捕獲 ④メールで通知 ⑤電話連絡 ⑥現場へ急行 ⑦止め刺し ⑧移送 ⑨埋設場所・処理施設

※現在、サービスを提供可能なエリアは限定されておりますが、まずはご相談ください。
※千葉県では「ジビエ工房茂原」を開設し、獣肉の1次加工を行っております。
ALSOK千葉株式会社「ジビエ工房茂原」の詳細はこちら

拡大する鳥獣被害

円グラフ: シカ、イノシシの被害の割合(令和元年度)、被害額158億うち、シカ53億、イノシシ46億、サル9億、その他獣類19億、カラス13億、その他鳥類18億
写真: シカによる樹皮摂取被害の様子

鳥獣被害が拡大する要因

生息域の拡大
狩猟者の減少・高齢化
耕作放棄地の増加

ALSOK グループの認定
鳥獣捕獲等事業者一覧

ALSOK グループは、鳥獣の捕獲等に係る安全管理体制や適正かつ効率的に鳥獣の捕獲等をするために必要な従事者の技能および知識が一定の基準に適合している法人を認定する「認定鳥獣捕獲等事業者」の認定を受けました。

  • 綜合警備保障株式会社(東京都第005号)※主に香川県
  • ALSOK神奈川株式会社(神奈川県第001号)
  • ALSOK千葉株式会社(千葉県第002号)
  • ALSOK宮城株式会社(宮城県第003号)
  • ALSOK福島株式会社(福島県第003号)
  • ALSOK秋田株式会社(秋田県第001号)
  • ALSOK群馬株式会社(群馬県第003号)
  • ALSOK福岡株式会社(福岡県第004号)
  • ALSOK山形株式会社(山形県第001号)

お客様の声

S村役場様 業種:地方自治体
作業負担の軽減を実現しました

見回りに時間がかかる場所等に鳥獣わな監視装置を設置したことで、見回りが楽になりました。カメラ付きだと捕獲した害獣もわかるので、捕獲後の対応がスムーズに行えます。

O町役場様 業種:地方自治体
高齢化に伴う捕獲要員減少の代替案

有害鳥獣駆除を依頼していた方々の高齢化が進み、捕獲要員が減少したことで、有害鳥獣が一気に増加してしまう恐れがあったため、ALSOKに捕獲業務を委託することに決めました。

K町役場 業種:地方自治体
委託で省人化ができました

人が対応するのは時間と根気が必要ですが、カメラのおかげで現場の状況が分かるので、安全かつ少人数で対応できるようになりました。

料金

鳥獣わな監視装置Ⅱ

製品 価格(税込) ライセンス価格(税込) 電源

監視装置(親機)

¥155,485 ¥13,200/年 単三電池

監視装置(子機)

¥60,115 ¥6,600/年 単三電池

※ライセンス契約については、お客様とメーカー代理店との直接契約となります。また、1年経過後の更新価格も同額となります。
※赤外線LEDを搭載しているので、夜間の撮影も可能です。
※わな本体および設置価格は含みません。

よくあるご質問

捕獲業務の料金は?

捕獲する場所、わなの種類や個数により様々で、個別にご提案させていただきます。

認定鳥獣捕獲等事業者とは?

鳥獣の捕獲等に係る安全管理体制や、従事者が適正かつ効率的に鳥獣の捕獲等をするために必要な技能および知識を有する鳥獣捕獲等事業を実施する法人について、都道府県知事が認定をする制度です。
※この制度は、平成27年5月に施行した鳥獣の保護および管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)に基づき新たに導入されました。

警備会社のALSOKが何故有害鳥獣対策をしているのでしょう?

地域の安全安心を守る意味では、警備に通じるものがあります。また、警備業で培ったノウハウを生かし、今後も展開をして参ります。

お問い合わせ・お見積

お見積のご依頼や紙媒体資料の送付、
営業担当からの説明をご希望の方

お近くのALSOKを探す

最寄りの事業所へのお問い合わをご希望の方