高精度の警備を可能にする「3Dレーザーレーダーセンサー」

施設の警備をさらに強化。ALSOKの「3Dレーザーレーダーセンサー」

従来の監視カメラでは対応できなかった課題を解決

セキュリティーレベルの強化のために必要な「監視カメラ」。しかし従来の「監視カメラ」では、光の影響を受けてしまったり、夜間・雨中における検知能力が低下してしまったりすることも・・・そんな課題を解決するなら、ALSOKの「3Dレーザーレーダーセンサー」がおすすめ。従来の監視カメラでは検知できなかった様々なシーンにおいても、3Dレーザーレーダーセンサーがあれば高度な警備強化ニーズに対応できます。

  • 高精度な検出性能

    2Dレーザーレーダーでは小動物や
    匍匐前進の検知が難しい

    物体の3次元画像を取得することで、立体的な監視が可能に。より検知精度の高いセキュリティーシステムを構築できます。

  • 高い耐環境性能

    夜間、車のヘッドライトを
    侵入者として検知してしまう

    太陽やヘッドライトなどの外乱光の影響を極力排除。屋外警備のシーンでも活用できます。

3Dレーザーレーダーセンサーの特長

    • Point
      1
    • 高い耐環境性能

    監視(可視)カメラによる映像解析では、ヘッドライトの光まで侵入者として判断してしまうことも。3Dレーザーレーダーセンサーなら、外乱光の影響を受けずに侵入者のみを検知できます。

    • Point
      2
    • 映像解析用のハードウェアが不要

    従来の監視(可視)カメラでは、映像解析のための専用ハードウェア設置が不可欠。一方、映像取得と解析の両方ができる3Dレーザーレーダーセンサーなら1台で完結。

    • Point
      3
    • 立体的な監視エリアを複数設定可能

    広範囲で立体的な監視エリアサイズを最大4箇所設定可能。

光の影響を受けずに監視

踏切内の侵入者や車両を監視。異常を監視センターや電車に通知が出来ます。

監視対象イメージ

踏切監視

監視システム概要

  • 遮断機の動作中に踏切内の人や車を検知し警報を出力します。
  • 警報出力ととも画像配信して、遠隔地から状態を確認できます。
  • 予防エリアを設け、接近する人に警告を出せます。
  • 監視カメラ映像や接近物体の履歴から、踏切事故の予防に役立つ情報を収集できます。

工場内の作業員の安全監視

監視システム概要

  • 工場内の立ち入り禁止エリアに作業員が入った場合に検知します。
  • 高温等で通常のセンサーでは監視しずらいエリアでも検知できます。
  • カメラと3Dレーザーレーダーセンサーの併用により作業員の安全監視を行います。

車両監視

監視システム概要

  • 工場の正門に検知エリアを設定し、車両の出入を検知して、守衛所等に通知します。
  • 人が車両通行エリアを通過しても検知しません。(人と車両の区別が可能)

メガソーラー施設監視

監視システム概要

  • 外周を赤外線やコンビネーションセンサーで警戒し、重要施設を3Dレーザーレーダーセンサーとカメラ映像で監視します。
  • ALSOKガードセンターより音声で威嚇も出来ます。