HOME ALSOK研究所

単身赴任で増える子どもひとりの留守番への対応策

単身赴任 2019.03.29
単身赴任で増える子どもひとりの留守番への対応策

子どもが小学校にあがってしばらくがたち、教育費もかからなくなったので今のうちにと新築で住宅を購入。念願の庭付き一戸建てでようやく夢の生活がはじまったと思ったら人事異動で地方に転勤。家族で相談するもせっかくの一戸建ても建てたばかりだし、子どもの学校や奥様の仕事もある。3年間の我慢と不本意ながら単身赴任を決断…。こんなご家庭も少なくないのではないでしょうか。
でも共働きで家は不在がち、正社員で働き始めた奥様には時には残業もあります。必然的にお子さまがひとりで生活する時間は長くなり…。小学生といってもまだ低学年、学童に預けても6時には帰ってきてしまいますし、夏休みなどはもっと心配。何か方法はないのでしょうか。

1割のクラスの児童が両親の留守中に不審者からの訪問や電話にあっている

最初から不安をあおるようで恐縮ですが、ALSOKが行った全国の小学校のクラス担任教諭への調査によると、現在担当しているクラスの生徒のなかで、両親の留守中に不審者の訪問や電話があったと答えた児童がいると答えた教諭の割合は10.6%。およそ1割のクラスに両親の不在時に不審者による何らかのアプローチを受けたことのある児童がいることになります。

Q.現在担当している暮らしうの中で、自宅で留守番中に不審者が訪問してきたり、不審な電話がかかってきたことのある児童はいますか (単数回答、回答者数1.031人)
Q.現在担当している暮らしうの中で、自宅で留守番中に不審者が訪問してきたり、不審な電話がかかってきたことのある児童はいますか (単数回答、回答者数1.031人)

警察庁の統計によると、子どもが被害にあった略取・誘拐や強制わいせつの発生場所は「路上」に次いで「住宅」が多く、犯行者に「子どもひとりで留守番をしていることを悟らせない」ことが重要であることがわかっています。事前にお子さまとこうした不審者からの訪問や電話があったときにどう対応するべきかをよく話し合っておきましょう。不審者からの訪問・電話への対応のポイントは以下の通りです。

不審な訪問者への対応ポイント/不審な電話への対応ポイント

子どもには留守中の訪問や電話に一切対応させないというのものひとつの方法ですが、お子さまの危機管理意識を育てるためにも、成長段階や家の設備などの状況にあわせて、対応方法をじっくり話し合って約束事を決めておいた方が後々に役に立ってきます。とはいえ、小学校低学年のお子さんですとうまく対応することが難しいと思いますので、親が不審者役になって実際に電話をかけてみたり、訪問してみたりといった練習をしておくことも大切です。練習をしておくとその時の受け答えのレベルでどこまで子どもに対応を任せて良いかの判断ができるというメリットもあります。
犯行者に「子どもひとりで留守番をしていることを悟らせない」ための約束事には次のようなものがあります。

外出先から帰って留守番を始める前の約束

ALSOKで実施している出前授業「ALSOKあんしん教室」では、この約束事の頭文字をとって「いいゆだな」と覚え言葉にして小学生に教えています。

単身赴任TOPへ

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,500
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,500
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも