新たな
セキュリティ
の創造

IoT×セキュリティ

IoTを活用した「見守り」システム創出への取組み



我が国は、世界でも類を見ない超高齢社会を迎え、様々な社会問題に直面しています。 特に認知症患者の行方不明者や事故の増加は、深刻な問題の一つです。 家族だけで高齢者を見守り続けるのは困難な場合もあります。
そこで、地域が主体となって構築する「見守りネットワーク」を支援することを目的として、 BLE(Bluetooth Low Energy)と個人が所有するスマートフォン等を 利用した位置情報提供システムを開発し、商品化まで様々な実用化に向けた取り組みを行いました。

IoTとビッグデータを活用したシステム開発で、ガードマンの警備力・機動力を支えています。

隊員指令システムおよびナビゲーションシステム

契約先に設置されたセンサーから異常警報を受信した時は、勘と経験による人の判断ではなく、ビッグデータに裏付けされた情報をもとに、最寄りのガードマンが現地に向かいます。具体的には、オフィスや個人宅等の警備先からの警報をガードセンターが感知すると、現場に一番近いガードマンをモバイル端末のGPS機能により自動的に決定し、モバイル端末へ「直行指示」を飛ばし、ALSOKに蓄積された情報をもとに、警察・消防および緊急連絡先等への適切な連絡など、次に起こすべき行動をナビゲーションします。

ゾーンセキュリティマネジメント

IoTに支援されたガードマンによる新たな都市空間セキュリティシステムです。  警備ロボット、ドローン、カメラ等からの映像・情報をガードセンターに集め、ウェアラブル端末を装備したガードマンと共有し、高品質で低コストな警備を実現します。

2020年に向けたALSOKの取り組み

  • AI
    ×
    セキュリティ

    AI・4K・5Gを活用した新たなサービス領域創出に挑戦しております。

    詳しくはこちら

  • IoT
    ×
    セキュリティ

    IoTによる新たな見守りシステム創出や、ガードマンとIoTの融合による警備力強化と効率化に挑戦しております。

    詳しくはこちら

  • ロボット
    ×
    セキュリティ

    1982年に労働集約性の高い常駐警備の効率化を目的とした自律走行型の警備ロボットの研究開発に着手し、様々な機能拡張に挑戦し続けております。

    詳しくはこちら

  • フィジカル
    ×
    サイバー
    セキュリティ

    新世代の情報技術と先端工学を駆使し、フィジカルとサイバー双方のセキュリティ・ソリューションの研究開発に取り組んでいます。

    詳しくはこちら

  • FinTech
    ×
    セキュリティ

    全国で年間280兆円もの現金を運ぶ現金輸送業務の効率化を目指した現金需要予測システム、店舗と金融機関を繋げる入金機オンラインシステム等、金融という社会インフラを支える技術を開発しています。

    詳しくはこちら

  • センサー・画像
    ×
    セキュリティ

    人の動きを検知するセンサーと画像処理で侵入者を検知するカメラを一体化させた機器「画像センサー」を開発し、精度の高い警備を実現しています。

    詳しくはこちら


  • ×
    セキュリティ

    これからも様々なシーズをとらえ、新たなセキュリティ領域の開拓に挑戦し続けます。

採用情報

ALSOKは増収が続く今日、主力であるセキュリティ事業を強化するとともに、新規事業にも積極的に取組んでおります。
そこで、さらなる開発強化を図るために、開発業務におけるソフトウェア開発エンジニア、および、AI、画像・音声解析技術に関する研究エンジニアを募集しております。

詳しくはこちら