焼き破りには防犯ガラスで対策

ガラス 2020.11.13

侵入窃盗全体の認知件数は年々減少していますが、とくに注意が必要なのが「空き巣」です。

平成30年の刑法犯に関する統計資料によると、空き巣の認知件数は22,141件で、侵入窃盗全体の約35.2%を占めています。空き巣を始めとした侵入窃盗から住まいを守るためには、「焼き破り」に効果的な防犯ガラスへの交換が必要不可欠です。

この記事では、焼き破りの手口や、防犯ガラスや防犯フィルムの有効性について解説していきます。

焼き破りとは?ほかの空き巣手口との4つの違い

焼き破りの手口
焼き破りの手口

「焼き破り」とは、空き巣手口の一種で、バーナーやライターでガラス窓を熱する侵入方法です。熱したガラスを水やスプレーで瞬間冷却することで、薄いフロートガラス(FLガラス)なら10秒ほどで破ることができます。その手軽さや侵入までの時間の短さから、近年焼き破りの手口を使った住宅侵入窃盗が急増しています。

まずは、従来から使われてきた空き巣手口との4つの違いを見てみましょう。

1ガラスを破る際に音が出ない

ハンマー・バール・ドライバーといった工具を使い、ガラス窓を叩いて破壊する「打ち破り」などの手口は、侵入する際に衝撃音が発生します。しかし、焼き破りはガラス窓をあらかじめ熱するため、ガラスが割れる際の音がほとんど出ません。焼き破りは周囲に気づかれにくく、泥棒や空き巣が好む要因の1つとなっています。

2短時間で家屋に侵入できる

焼き破りは短時間で窓ガラスを破ることが可能です。トーチバーナーと瞬間冷却スプレーを使った事例では、バーナーで熱するのに10秒、スプレーで急速冷却するのに5秒、合計15秒ほどで焼き破りに成功しています。冷却を行わず、バーナーで炎を当てるだけでも、一般的な窓ガラスなら20秒もあれば破壊可能です。

3簡単に道具を入手できる

焼き破りには特殊な道具や工具は必要ありません。ホームセンターで販売されているライター、ガスバーナー、トーチバーナーがあれば十分です。ライターやバーナーは携帯性が高く、服やバッグに隠して持ち歩くことも可能です。

4特殊な技能が必要ない

従来、空き巣犯が好んで使ってきたのが、特殊用具で鍵をこじ開ける「ピッキング」や、穴や隙間から道具を差し込んでツマミ(サムターン)を回す「サムターン回し」です。ピッキングやサムターン回しは、専用の工具が必要なだけでなく、特殊な技能が求められます。他方、焼き破りはバーナーで熱するだけでよいため、ピッキングやサムターン回しができない空き巣犯でも簡単に家屋へ侵入できます。

窓ガラスの「焼き破り」は近年増加傾向にある

警視庁の調べによると、令和元年中(2019年)に発生した住宅を対象とした侵入窃盗のうち、侵入口が「窓」であったものは63.4%でした。この内訳としては、「居室」の窓が狙われたケースは28.1%、「縁側・ベランダ」の窓は24.3%、トイレや浴室などの「その他」の窓が11.0%となっています。[注1]

また、空き巣の侵入手段のデータを見ても、窓ガラスを割ったりこじ破ったりする「ガラス破り」が大きな割合を占めています。一戸建て住宅で発生した空き巣被害のうち、37.5%がガラス破りによるものです。4階建て以上の中高層住宅でさえも、侵入手口の15.0%がガラス破りとなっています。[注2]雨樋をよじ登ったり、塀や樹木などを足場にしたりして、空き巣犯は中高層階の窓ガラスも狙っているのです。

このように住まいの防犯対策を考えるうえで、「窓ガラス」は最重要ポイントです。窓ガラスを狙った侵入手口には、すでにご紹介した打ち破りや、ドライバーで窓ガラスに穴を開ける「こじ破り(三角やぶり)」などがあります。

そのなかでも、「焼き破り」は特殊な道具や技能が必要なく、薄いフロートガラスなら10秒ほどで破壊することができます。そのため、窓ガラスの防犯対策を万全にするためには、「焼き破り」を対策することも重要です。

防犯ガラスで焼き破りが対策できる2つの理由

防犯ガラスで焼き破りが対策できる2つの理由
防犯ガラスで焼き破りが対策できる2つの理由

それでは、窓ガラスの「焼き破り」をどのように対策すればよいのでしょうか。空き巣犯の多くは事前に下見を行い、犯行場所を選定しています。空き巣犯に侵入させないためには、住まいの防犯意識の高さをアピールする必要があります。また、侵入までの時間を稼ぐことで、空き巣犯が諦める可能性が高くなります。そこで役に立つのが、「防犯ガラス」と「防犯フィルム」です。

防犯ガラスや防犯フィルムがなぜ焼き破り対策になるのか、2つの理由を紹介します。

1侵入までの時間を稼ぐことができる

耐火性の高い耐熱強化ガラスや、焼き破りに強い防犯フィルムを窓ガラスに貼ることで、空き巣犯が侵入するまでの時間を稼ぐことができます。ほとんどの空き巣犯は、侵入に手間取ると空き巣をあきらめます。

都市防犯研究センターの調べによると、侵入窃盗の前歴がある元泥棒のうち、侵入をあきらめるまでの時間が「2分以内」と回答した者は約17%、「2分を越えて5分以内」と回答した者は約51%でした。[注3]

つまり、窓ガラスが破られるまでに「5分間」の時間を稼ぐことができれば、空き巣犯の7割近くを撃退できます。そのため、警察庁・国土交通省・経済産業省などがつくる「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」は、泥棒の攻撃から「5分間」耐えることを防犯性能の目安として、基準を満たした製品に「CPマーク」を付与しています。

一般的なフロートガラスを耐熱強化ガラスに取り替えたり、窓ガラスに耐熱性の高い防犯フィルムを貼ったりして、空き巣犯の侵入から「5分間」の時間を稼ぐことを目指しましょう。

2防犯対策の高さをアピールし、標的になるのを避けられる

防犯ガラスを設置することで、泥棒に防犯意識の高さをアピールし、自宅が標的にされるのを未然に防ぐことができます。住居侵入窃盗の犯人は、犯行直前に入念な下見を行います。

警視庁の2008年のアンケート調査によると、他人の財産を狙う「財産犯」のうち16.5%が、あらかじめ犯行場所の下見を行っています。そのうち、下見を1回行った者は約38.6%、2回行った者は約27.2%、3回以上繰り返した者は約11.3%の割合です。[注4]

空き巣犯が下見を行う目的は、犯行場所やその周辺をチェックし、容易に侵入できそうな住宅を見つけ出すためです。警視庁の調べでも、財産犯が犯行場所を選定した理由として、「人通りが少なかったから(12.1%)」「施錠していなかった又は侵入が容易だったから(6.2%)」「防犯カメラなど防犯設備がなかったから(5.9%)」「逃げやすい場所だったから(4.8%)」などが挙げられています。[注4]

空き巣犯の多くは、事前に住宅周辺をうろつき、防犯対策をチェックしています。空き巣犯のターゲットに選ばれないためにも、防犯ガラスに交換し、防犯意識の高さをアピールすることが大切です。

防犯ガラスに交換して「焼き破り」の対策を

空き巣の手口で急増しているのが、ライターやバーナーで窓ガラスを熱する「焼き破り」です。住まいの防犯対策の最重要ポイントである「窓」を守るためには、耐熱強化ガラスへの取り替えや、防犯フィルムの貼り付けが効果的です。ALSOKの防犯フィルム「ガラスマン」は、窓ガラスの防犯対策に最適です。

360ミクロンの厚さにより、こじ破り(三角破り)や打ち破りも対策ができるため、焼き破り対策とご一緒に使用していただくことをお勧めいたします。防犯フィルムを窓に貼り付けるだけでよいため、窓ガラスの交換や修理工事が必要ありません。空き巣を始めとした住まいのトラブルを避けるため、窓ガラスの防犯対策を実施しましょう。

ガラス

この記事に関連する商品

ホームセキュリティBasic
お買い上げプラン
月額費用3,850円(税込)
  • 一般的な戸建住宅や空き家にお勧め
  • 24時間365日の徹底警備。緊急時にはガードマンが現場に急行
  • 設置も操作も簡単。お手頃価格で家計も警備も安心
HOME ALSOK アルボeye
カメラ稼働式
月額費用2,750円(税込)
  • 自宅内に設置したカメラの映像をスマホでいつでも確認!
  • もしもの際はメールで異常を通知+ガードマンが駆けつけ
  • お子様の帰宅のお知らせ、ご高齢者様の見守りなどの利用にも