重要テーマ3 積極的なコミュニケーションによる地域社会への貢献

ALSOKの基本精神である「ありがとうの心」を形にするため、企業市民として、それぞれの地域社会が抱えるさまざまな課題を解決する活動を積極的に展開しています。

SDGsとのつながり
目標4:質の高い教育をみんなに/目標11:住み続けられるまちづくりを/目標15:陸の豊かさも守ろう/目標17:パートナーシップで目標を達成しよう

本業を活かした地域の安全への貢献

子どもの安全

 ALSOKでは、地域社会の「安全・安心」に対する要請・期待に応えるため、守りのプロである社員を派遣し、防犯や救急救命について学んでもらう出前授業「ALSOKあんしん教室®」を全国各地の小学校で実施しています。活動開始から14年が経過し、これまでに延べ45,622回実施、142.6万人以上の児童が参加しています(2018年3月末)。

 またALSOKでは、子どもたちに社会の安全安心を支える「警備」の仕事の大切さを伝える活動も行っています。2017年7月には、企業と連携して社会貢献活動を行うフューチャー イノベーション フォーラムと協働で、5回目となる子ども向け職業体験プログラム「セキュリティの最前線」を開催し、子どもたちは、ガードマンの心得や基本動作の他、ドローンを活用した最新警備やAIを活用した未来の警備などを体験しました。さらに2018年4月には、小学生親子向け体験型イベント「学びのフェス2018春」(主催:毎日新聞社・毎日小学生新聞社)に出展し、スコアが表示される胸骨圧迫トレーニングマシーン「しんのすけくん®」を用いた救急救命などを体験してもらいました。

職業体験プログラム「セキュリティの最前線」
職業体験プログラム「セキュリティの最前線」

高齢者の安全

 ALSOKは、高齢者支援サービスや介護事業のノウハウを活かし、訪問講座「ALSOKほっとライフ講座」を各地で開催しています。高齢者を標的とした犯罪の傾向と対策を学んでいただく防犯講座、パートナーやご家族の方が倒れた場合に備えてAEDの使い方などを学んでいただく救急救命講座の2種類のプログラムを用意しています。2017年度は95回開催し、2,477名に参加いただきました。またALSOKでは、警備員が日々の業務において携帯電話を使用しながらATM操作を行う高齢者に声掛けを推進することで、振り込め詐欺被害の防止に取り組みました。2017年度に振り込め詐欺被害の未然防止などに協力できた件数は99件となり、内53件について関係機関などから感謝状を授与されています。

ALSOKほっとライフ講座
ALSOKほっとライフ講座

女性の安全

 ALSOKは、女性を狙った犯罪被害の防止に貢献する出張セミナー「ALSOK女性向け防犯セミナー」を実施しています。犯罪に遭う確率の高い年代である女子大学生および女子専門学校生を主対象に、当社の女性社員が講師となり、女性が被害者となる犯罪事例や身を守るための具体的な方法をお教えしています。2017年度は、計55回のセミナーを開催し、2,418名に参加いただきました。

女性の被害件数(人口10万人あたり)
女性の被害件数の世代別分布グラフ。20歳代の被害件数が多い
出典:警察庁資料「平成25年の犯罪情勢」より。件数は、小数点以下切捨て

寄付・メセナ・スポーツ推進活動

次世代への支援

 ALSOKは、社会に貢献する寄付活動を積極的に行っています。2017年からは、内閣府などが推進する「子供の未来応援国民運動」の一環として設置された「子供の未来応援基金」を通して、ホームセキュリティ関連商品の収益の一部を継続的に寄付し、貧困の状況にある子どもたちを支援するNPOなどに役立てていただいています。

ALSOKより目録の贈呈
ALSOKより目録の贈呈

芸術・文化への貢献

 ALSOKは、事業として世界遺産に指定された歴史的建造物や自然遺産を警備するだけでなく、実際に社員が地域社会の文化・メセナ活動に参加し、伝統行事などの継承や支援を行っています。なかでも、ALSOK獅子舞部は、「太神楽獅子舞」の師匠から稽古・指導を受け、技能を修得した社員が正月を中心にお客様の会社やイベントにて演舞を披露しています。この活動は、芸術・文化による豊かな社会づくりを進める企業のメセナ活動として、「This is MECENAT 2018」(公益社団法人企業メセナ協議会)に認定されました。

This is MECENAT 2018ロゴ

ALSOK獅子舞部による演舞
ALSOK獅子舞部による演舞

スポーツの推進と支援

 ALSOKでは、レスリングをはじめ、柔道・ウエイトリフティング・射撃・陸上など10の運動部が活動しており、数多くの日本代表選手や国際大会優勝者を輩出して、わが国のスポーツ振興に貢献しています。現在は、パラ陸上やゴールボールなどのパラアスリート支援にも力を入れ、グローバルな大会での活躍を目指す選手たちを応援しています。

陸上競技200m走 北浦選手[ALSOKビジネスサポート(株)]
陸上競技200m走 北浦選手[ALSOKビジネスサポート(株)]
ゴールボール 若杉選手
ゴールボール 若杉選手

パートナーシップによる被災地支援

災害ボランティア活動

 ALSOKグループは、自然災害の被災地・被災者とのパートナーシップのもと、復旧支援活動に取り組んでいます。2017年は、「九州北部豪雨」の被災地で社員68名が災害ボランティアとして協力し、被災者の住居の泥出しや後片付けなどを行いました。また2018年も、「平成30年7月豪雨」によって甚大な被害を受けた広島県福山市、岡山県倉敷市、愛媛県大洲市などの地域で社員の有志がボランティア活動に参加しています。

災害復興支援

 ALSOKは、被災地の皆様との絆を大切にしています。日本赤十字社による、未来につなげる減災・防災プロジェクト「私たちは忘れない」に2016年から継続的に参加し、業務に使用している全警備車両にステッカーを貼るなど、これまでの災害で得た教訓や経験を風化させない決意を広く発信しています。